ラオス初日のハプニングと、フアイサーイから入国して長距離バスに乗る人へのアドバイス?

【ラオス初日のレジュメ】

前回の記事に引き続いて僕はこの日、韓国人男性Kと中国人女性Mと共にソンテウに乗ってラオス・タイ国境近くの長距離バス停に行き、そのバス停からラオスのルアンプラバーンという町へ出発しました。(ちなみにKもMも同年代の若者です。)

前回の記事はこちら↓

ラオスで初めての友達ができた日

 

まぁいつもの通り、いろいろハプニングはありました。

フアイサーイにはターミナルが二つあって(国境出て最初に付くのが国内線のターミナルで、奥が国際線)、僕たちはそろって間違えて通り過ぎた。

また、そもそもソンテウのチケットを買うときに行き先をちゃんと伝えてなくて、余分にお金を払っていたことがソンテウの中で判明したり(町までのお金を払ったが、ターミナルは町と国境の間にあった)、

ラオスキープを持っていなくて、バスターミナルでバスのチケットが買えなかったり(ドルだとレートが鬼悪くて、両替商を探しても見つからず、、結局Kに両替してもらった)

と、そんな感じでした。

 

この日僕は、

・バスチケットを買うときはきちんと行き先を伝える

・タイからラオスに入るときは少なくとも国境までには必ずある程度両替しておく(でないと入った後困る)

という教訓を得ました。

 

チェンコン・フアイサーイ国境を渡ってルアンプラバーンの方へ行く人は参考にしてください(笑)

 

ちなみに

 

フアイサーイからルアンプラバーンへの道は悪路であると有名?らしいですが、

バス停で待機中滝のような雨が降ってきました

 

 

どうなることやら

 

とりあえず明日へ続く

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です